自分の歯のような咬み心地と見た目を実現するインプラント治療

自分の歯のような咬み心地と見た目を実現するインプラント治療

虫歯や歯周病などの病気、また事故や外傷などで歯を失ってしまった場合、歯の機能を回復する方法として入れ歯やブリッジ、そしてインプラントという選択肢があります。こちらでは、その中でも自然な噛み心地と見た目が得られるインプラント治療についてご紹介します。歯を失ってお困りの方は、神楽坂わたなべ歯科クリニックまでぜひご来院ください。

インプラント治療について

インプラント治療について

インプラント治療とは、失ってしまった歯のかわりにチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、それを土台に人工歯を装着する治療法です。これにより歯の機能が回復し、咬み合わせなどを改善することができます。

入れ歯のように違和感や痛みが出ることもなく、ブリッジのようにまわりの健康な歯を削る必要もありません。それでいて天然歯と同じような咬み心地・見た目を得られますので、近年注目度が高まっています。

「インプラントがこわい」とお考えの患者さんへ

「インプラントがこわい」とお考えの患者さんへ

インプラントは外科的な手術が必要な治療なので、「なんだかこわい」とお考えになる患者さんも少なくありません。しかし実際には、痛みは親知らずの抜歯などとかわらず、腫れるケースもほとんどありません。

「インプラントがこわい」とお考えの患者さんへ

ただし、インプラント治療を行う場合はメインテナンスまで含めて考える必要があります。毎日のケアや定期検診を怠ると、インプラント周辺の歯ぐきに炎症が起きる、歯周病に似た「インプラント歯周炎」になる可能性があります。そうなると、せっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。治療後のメインテナンスで、インプラントを清潔に保ちましょう。

神楽坂わたなべ歯科クリニックがご提供する安心・安全なインプラント治療

神楽坂わたなべ歯科クリニックがご提供する安心・安全なインプラント治療

当院は神楽坂インプラントセンターを併設し、充実した設備の中で治療を受けていただくことができます。一般的なインプラント治療以外にも幅広く対応可能ですので、何でもご相談ください。海外や他院で受けられたインプラント治療の経過がよくない場合のリカバリー、また難症例でお悩みの方、そのほか再生治療のみの手術も行っております。

理事長がノーベルバイオケア社公認インストラクター

理事長がノーベルバイオケア社公認インストラクター

ノーベルバイオケア社は、世界ではじめてインプラントの展開を行ったパイオニア的存在です。 40年以上もの歴史と60万人以上の実績があり、現在では世界的にもっとも信頼のあるインプラントブランドといえるでしょう。当院の理事長は、このノーベルバイオケア社の公認インストラクターです。同社のインプラントのスペシャリストですので、安心して治療をお任せいただけます。

歯科用CTによる正確な診査診断

歯科用CTによる正確な診査診断

インプラント治療を行う際には、歯の状態や骨の位置、神経の位置などを把握しておく必要があります。従来のレントゲン撮影の場合、あくまで平面的に見ることしかできませんでした。

当院では、お口の中の状態を立体的に把握できる歯科用CTを導入しております。これにより、歯の状態や歯槽骨(顎の骨)を、立体的な画像で確認することができ、従来より正確な診断が可能になりました。そのため、的確な治療計画をご提供することができます。

インプラント治療に適した設備が充実

インプラント治療に適した設備が充実

インプラント手術は非常に精密な治療が要求されます。そのため、確実な治療を行うには技術はもちろん設備の充実も欠かせません。当院ではオペ室を完備し、衛生面に考慮した減菌器、正確な検査の必需品である歯科用CTを完備し、万全の体制で治療にあたります。

当院のインプラントが安心・安全な理由
理由その1 高い技術と豊富な経験で確実な治療が可能
理由その2 充実した設備の中で間違いのない治療・検査を実施
理由その3 麻酔専門医との提携で安心の手術を実現
理由その4 海外や他院で受けたインプラント治療のリカバリーに対応
理由その5 専任の歯科技工士が優れた上部構造を製作
理由その6 プロエッショナルによる万全のメインテナンス体制

インプラント治療の流れ

STEP1 歯肉の切開
				麻酔後にインプラント埋入部分の歯肉を切り開き、顎の骨を露出させます。
				STEP2 ドリリング
				顎の骨にインプラントを埋入するため、専用のドリルで穴をあけます。
				STEP3 インプラントの埋入
				ドリルであけた穴にインプラントを埋入します。
				STEP4 治癒期間
				インプラントを歯肉で覆って縫合し、傷口が治癒してインプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。
				STEP5 アパットメントの装着
				インプラントと顎の骨がしっかり結合したら、再び歯肉を切開して人工歯を接続するアバットメントを装着します。
				STEP6 人工歯の装着
				歯肉の傷口が治ったらアバットメントに人工歯を装着します。

症例紹介

※見出しをクリックすると症例をご覧いただけます。

症例1(40代・女性)
  • 症例1(40代・女性)
  • 症例1(40代・女性)

左前歯を失い、機能の回復と前歯を白くしたいとのご要望で来院されました。左上の前歯としてインプラントを1本埋入し、隣の右上の前歯と合わせ、ジルコニアの被せ物を装着しました。(治療期間:6ヶ月)

症例2(70代・女性)

症例2(70代・女性)

  • 症例2(70代・女性)
  • 症例2(70代・女性)
  • 症例2(70代・女性)

過去の治療によるブリッジが脱落して来院されました。咬み合わせの回復と審美向上を希望され、上顎に8本、下顎の6本のインプラント治療を行いました。被せ物はすべてジルコニアです。

インプラント治療の前には、上顎の前歯の顎の骨が不足していたため骨移植を行い、左奥歯部分にもサイナスリフトを行いました。(治療期間:1年)

症例3(70代・女性)
  • 症例3(70代・女性)
  • 症例3(70代・女性)
  • 症例3(70代・女性)
  • 症例3(70代・女性)
  • 症例3(70代・女性)

上顎にマグネットデンチャーを使用していましたが、より自然な咬み心地を得たいと、インプラント治療を希望されました。上顎にインプラントを8本埋め込み、インプラントブリッジにしました。(治療期間:1年)

症例4(50代・男性)

症例4(50代・男性)

  • 症例4(50代・男性)
  • 症例4(50代・男性)

入れ歯を外し、前歯の審美向上を希望して来院されました。左右の前歯4本の部分に3本のインプラントを埋め込み、ジルコニアのブリッジを装着。そして左上犬歯(天然歯)には、同じくジルコニアのクラウンを装着しました。(治療期間:8ヶ月)

症例5(70代・女性)
  • 症例5(70代・女性)
  • 症例5(70代・女性)
  • 症例5(70代・女性)
  • 症例5(70代・女性)

入れ歯が動くので、動かないようにしてほしいとの希望で来院されました。既存の入れ歯を活用したいとのことだったので、2本のインプラントを埋め込むことで固定源とし、入れ歯を装着しました。(治療期間:3ヶ月)

※この治療法は、少ない本数のインプラントで、より効果的に治療をしたいという方にお勧めです。ただし入れ歯や骨、身体などの状態によって治療できないケースもありますので、まずはご相談ください。

症例6(40代・男性)
  • 症例6(45代・男性)
  • 症例6(45代・男性)

右下の歯の無い部分にインプラントを入れたい、という希望で来院されました。右下奥歯に2本のインプラントを埋め込み、術後のメインテナンスを考慮して、取り外し可能なスクリュータイプのセラミッククラウン(被せ物)を装着しました。(治療期間:3ヶ月)

しっかり咬める喜びを神楽坂わたなべ歯科クリニックのインプラントで  ご予約はこちらから

Page top