まずは歯周病のチェックからはじめましょう

まずは歯周病のチェックからはじめましょう

成人の約80%が歯周病にかかっている、もしくは予備軍だといわれ、日本人が歯を失う原因の第1位でもある歯周病。その要因としてあげられるのは、初期段階ではほとんど症状がなく、知らないうちに進行してしまうということです。

歯周病は治療せずに放置していると、歯を支えている歯ぐきや顎の骨が溶かされ、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。そこで重要なのが、毎日のセルフケアに加えて歯科医院で受ける定期検診です。定期的にお口の中をチェックすることで、また症状のない歯周病を発見でき、早期治療につながります。

当院では位相差顕微鏡を使った治療を行っています

当院では位相差顕微鏡を使った治療を行っています

歯周病は細菌による感染症なので、原因となる細菌を除去することが予防・治療では大切です。そこで神楽坂わたなべ歯科クリニックでは、位相顕微鏡という機器を使い、お口の中に潜んでいる細菌の種類や数などを観察し、根本的な原因をつきとめてから適切な対処法を検討します。歯ぐきの腫れや出血がある方は、お気軽にご相談ください。徹底的に検査を行い、患者さんに最適な治療法をご提案します。

歯を失わないための治療方法

歯周病は、初期のものを歯肉炎、それ以降のものが歯周炎と分類されます。治療は、進行段階に適した方法を用いて行います。

歯肉炎・軽度歯周炎
状態 治療法
状態
【スケーリング】
【スケーリング】
【ブラッシング指導】
【ブラッシング指導】
歯ぐきに軽く炎症が起き、歯周ポケットができ始めています。ブラッシングすると出血することがありますが、痛みはまだない段階です。 ブラッシングでは落とせない、歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石を、スケーラーという器具を使って徹底的に取り除きます。 歯周病治療の基本となるのが、正しいブラッシングです。そこで歯科衛生士が、正しいみがき方を丁寧に指導します。
中等度歯周炎
状態 治療法
状態
【ルートプレーニング】
【ルートプレーニング】
【フラップ手術】
【フラップ手術】
歯ぐきの炎症が増し、歯周ポケットが深くなります。顎の骨が溶かされ始め、出血や腫れに加えて口臭も現れ、歯がグラつき出します。 歯周ポケットの奥のプラークや歯石を、キュレットという器具で徹底的に取り除きます。最後に歯根面をなめらかにみがき上げ、汚れの再付着を防ぎます。 麻酔を施したうえで歯肉を切開し、歯根の先までにこびりついたプラークや歯石、また感染した歯肉組織も取り除きます。最後に歯ぐきを縫合して終了です。
重度歯周炎
状態 治療法
状態
【GTR法】
【GTR法】
【エムドゲイン法】
【エムドゲイン法】
顎の骨がさらに溶かされ、歯は大きくグラグラします。膿が出て口臭が増し、痛みも強くなります。これを放置すれば、歯は抜け落ちてしまうことに。 歯周病菌によって溶かされてしまった顎の骨を再生させる治療法。メンブレンという特殊な膜を入れて歯肉との間にスペースを確保し、再生を促します。再生後、膜は取り除きます。 同じく顎の骨を再生させる治療法。エムドゲインゲルという薬剤を入れてスペースを確保し、再生を促します。GTR法と異なり、取り除く必要はありません。

歯周病の対策はプラークコントロールです

歯周病の対策はプラークコントロールです

プラークとは、お口の中に残った食べかすを栄養源として増殖した細菌の塊のこと。歯周病菌をはじめ、虫歯菌などが棲んでいる病気のもとです。このプラークを放置すると、歯周病菌が繁殖して、症状がどんどん悪化してしまいます。そこで重要なのが、プラークを減らす「プラークコントロール」です。

主なプラークコントロールの方法

歯周病の原因になるプラークを減らす方法をご紹介します。

Point1  毎日の適切なブラッシング

Point1  毎日の適切なブラッシング

毎日のブラッシングはプラークコントロールの基本です。しかし、間違った方法では磨き残しが出てしまい、効果が発揮できません。当院では、染め出しなどを使って患者さんのブラッシングのクセなどを確認し、それぞれのお口に合わせた正しいブラッシング方法をお伝えしています。

Point2  デンタルフロス

Point2  デンタルフロス

歯ブラシを使ったブラッシングだけでは取り除けない、歯と歯の間に詰まった食べかす・プラークの除去に有効です。当院では、デンタルフロスの使い方をご指導し、セルフケアのお手伝いをしています。

Point3  歯間ブラシ

Point3  歯間ブラシ

歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に詰まった食べかす・プラークには、歯間ブラシが効果的です。歯周病は歯周ポケットから進行するケースも多いので、積極的に利用するようにしましょう。

Point4  歯科医院での予防処置

Point4  歯科医院での予防処置

ブラッシングやデンタルフロス、歯間ブラシでも取り切れない頑固なプラークは、歯科医院でのクリーニングが必要です。定期的にご来院いただき処置を受ければ、より効果的に歯周病予防を行うことができます。

健康なお口を守るために、当院をご活用ください

健康なお口を守るために、当院をご活用ください

歯周病は予防ができる病気です。治療すれば治すことはできますが、口腔内にダメージが残ってしまいますし、再発するリスクもあります。一番大切なのは「歯周病にならない」ことです。

当院では、すべての患者さんに予防歯科をお勧めしています。まだ症状が出ていない方はもちろん、治療を行った方にも再発防止のために予防の大切さをお伝えしています。健康なお口をいつまでも守るのはご自身の手でしかできません。ぜひ、当院の予防歯科をご相談ください。

神楽坂わたなべ歯科クリニックが、患者さんのお口の健康を守るお手伝いをします  予防歯科はこちらから

歯周病が進行すると、全身に悪影響を与える可能性があります

歯周病が進行すると、全身に悪影響を与える可能性があります

歯周病菌が血管を通って全身に運ばれてしまうと、さまざまな病気の原因になったり、進行を早めたりしてしまう可能性があります。また、気管から肺に入り込んで、肺炎の発症につながってしまうケースもあるのです。さらに歯周病で歯を失ってしまった場合、身体のバランスが崩れて、肩こりや腰痛を招くとも報告されています。

このように歯周病はお口の中だけでなく、全身にも悪影響を与える可能性を秘めています。健やかなお口を守るだけでなく、身体の健康を維持するためにも早めの予防・治療が大切です。

歯周病の予防・治療は神楽坂わたなべ歯科クリニックまで  ご予約はこちらから

Page top